<< グッドワーキング賞を受賞しました! | main | 今年も無事に終了しましたね。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
エキキターゼ 地域再発見ツアー?
エキキターゼ 地域再発見ツアー?〜富山ライトレール・万葉線を使って氷見へ〜
1月28日、日曜日に富山駅北から、氷見までのツアーに出かけました。
昨年行われたLRTフォーラムでもらった「土・日・祝日には万葉線・富山ライトレール回遊ルート」電車というチラシに触発されたのです
参加したのは、全6名。
冬だというのに、雪もなく、また、曇っていたのですが、雨も降らず、途中から晴れました。
極寒のツアーを期待していた私たちはちょっと拍子抜け?

《ツアーレポート》
1/28(日)
富山ライトレール  富山駅北 10:00発 岩瀬浜着 10:24 運賃100円
なんと!話題のバレンタイン装飾電車でした。ハート大小
毎正時と30分発はバレンタイン装飾電車のようです。リボンや風船がポートラムキャラクターの「とれねこ」とあわせて可愛らしく装飾してありました
新港東口ライトレール接続線バス 岩瀬浜10:30〜新港東口10:56 運賃500円
なんと!利用者は私たちだけ。
城川さん差し入れのオタベ!を平らげました。

新港フェリー 堀岡発11:05〜越の潟11:10 運賃無料なんと!出発までしばらく待合室で過ごしておりましたが案内看板にはロシア語が・・・そして、県内の渡し船や遊覧船の情報がまとめられたチラシが掲示されていました。氷見沖の遊覧船、大牧温泉、黒部湖など、みなさんはご利用されたことがありますか?

万葉線  越ノ潟発11:15 〜中伏木11:29 運賃250円なんと!赤のアイトラムに乗ることができました。
車掌さんに氷見への乗り継ぎについて聞いたら、いろいろと親切に教えていただき、時刻表やパンフレットも提供してもらいました。各駅の情報や周辺の観光情報など親切な情報がたくさん掲載されていました。

如意の渡し 11:32〜11:40 運賃200円
なんと!万葉線中伏木駅から徒歩で数分のところに「如意の渡し」の乗り場。
富山にはあちらこちらに義経ゆかりの場所がありますが、この「如意の渡し」もそうです。
乗船に調度いい時間があるのか時刻表の看板を見ていると、港の向こう側から船が近づいてくるではありませんか!
どうも船から人が見えると、岸につけるみたい?
対岸の伏木駅までは、数分で到着。船を運営するおじさん曰く、「時間があるようなら新港を回遊して案内するんだけど、電車の乗り継ぎで時間がないのなら仕方ないね。」
ただ、数年後に橋ができる予定で、この如意の渡しが存続するかどうかは、県議会議員の選挙しだいだとのことでした。
ぜひ、残して欲しいなーと思うのですが、議員先生しだいというのは何とも納得がいかないものです。

JR氷見線 伏木11:42〜氷見11:57 運賃200円
なんと!「如意の渡し」を下りてから、乗り継ぎ時間が数分しかなくて伏木駅まで走る。ジョギング
駅前のさびれた感じや廃墟となった建物の看板が駅前××ルとなっていて、寂しいね、などと言っている間に電車到着のベルがなりました。駅員のおじさんに、6人分も切符を買っている時間はもうない!と言われてしまい、乗車証明書をもらって駆け込み乗車。
息を切らしながらも、海岸線を走る列車の車窓から虻が島、日本海をのぞむと、自然に心が癒されました。
ほんとに、きれいな風景です。惜しむらくは立山連峰が見えなかったことです。次回、期待したいと思いますなんと!バレーボールプレミアリーグ開催で氷見はけっこうな人出でした。氷見駅からタクシーに乗って氷見海浜植物園へ。
ここまで合計6回の乗り換えでした。富山を出てから1時間40分程度で到着。

氷見海浜植物園 入場料540円(氷見駅の観光案内所でしっかり優待券をGETして一割引)を払って入場。

ここにはマングローブをはじめとした海浜に育つ植物が温室で育てられていて、温室へ入ったとたん、亜熱帯の湿った空気とマイナスイオンに包まれたような錯覚?を覚える。花の専門家二人にいろいろと説明を受ける質問するとその場で回答があるというのはいいことだとあらためて実感しました海浜植物園の4階には、展望ラウンジがありました。以前は、ここにレストランがあったそうなのですが、今は休憩場?のようになっていました。
小春日和のようなお天気で青空と氷見の海の青さが印象に残りました。

いよいよお腹がすきました。
氷見では有名なイタリアンのお店「ボーノ・ペッシェ」へ。
お店に到着したのは1時半近くだったのですが満席。
「6人なんですが・・・」とマスターに伝えると、「パスタとパンなら用意できるけど・・・メニューはおまかせでいいですね!」と念をおされる。
とにかく腹ペコだったのと、他のお店を探す余裕もなく待つことに。
待つ間に、中心商店街(比美町商店街)を散策。氷見市出身の藤子不二雄A先生がデザインしたお魚のキャラクターたちが迎えてくれたものの、日曜日の商店街には人出がほとんどなくひっそりしていました。

さて、お店に戻って食事。「きのこのトマトソースパスタ」に舌鼓をうち、富山からの大移動?を振り返っているうちにすっかり時間が過ぎ・・・立ち上がるのがだやくなってしまいました。ディナー
パスタに自家製パン、オリジナルアイスクリームとデミタスコーヒーがついて900円(税込)。
メニューを選べなかったとはいえ、味はもちろん、価格にも大満足でした。

で、このあとは、市役所前からバスに乗って氷見駅口へ。そこから歩いてJR氷見駅へ移動。氷見線から高岡駅で乗り換えて北陸本線で富山駅16:36到着。
そして、反省会をかねてマリエ6階へ。
エキキターゼだから駅北でお茶したかったのですが・・・
テキトーなお店がないんですよね。

反省会では、みなさんの仕事、職場の事情やらを話してお互いの立場に同情・共感しつつスイーツとともに当日の疲れを癒しておりました。
| エキキターゼ | - | 12:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:50 | - | - |









http://ekikitamove.jugem.jp/trackback/7


    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

このページの先頭へ